追撃者・ビースティボーイズ・素敵な一日 ハ・ジョンウサイト


by woo2007
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ハ・ジョンウ インタビュー(movieweek)

きゃぁ~表紙にデカッ・・・movieweek
f0152284_21594290.jpg

<멋진 하루> 전도연 & 하정우, ‘안정’ 그리고 또 다른 ‘도전’
写真見ただけでも 羨ましい ドヨンさん!
f0152284_21475172.jpg
f0152284_2148392.jpg

[インタビュー] <素敵な一日>チョン・ドヨン&ハ・ジョンウ,‘安定’しかも他の‘挑戦’ 2008-09-09推薦(0) ‘カンヌの女王’ ‘忠武路(チュンムロ)ブルーチップ’という大層な修飾語の保護を受ける2人の俳優チョン・ドヨンと下情友情次期作は<素敵な一日>だ。 忙しい喝采を一体に受けた方らが<素敵な一日>を選択した理由は安定,そして同時にまた他の挑戦でもあった。

-シナリオ初めて受けて,どうだったんですか?

チョン・ドヨン密陽(ミリャン)で原作を受けては“マア,何なの? 出てみてしろというの?”したがソウルにきて,シナリオを受けては同じ原作とも知るようになれないでとてもおもしろくて,まさにすると決心しました。 監督様がシナリオを本当によくツシはふるまうようでした。 真の話よく作り出されるんだな,と。 映画で完成されたことを見るからシナリオよりもさらに明るくておもしろくて興味深いです。 イ・ユンギ監督様は‘芸術’映画を撮られたのに,今回の映画は前作らよりは大衆的な作品です。 監督様に“私たちの今度は必ず興行映画を作ります”したがそうなるといいですね。

ハ・ジョンウ<追撃者>撮影中に休んで車(茶)に置かれたことを格別考えなしで読んだがその複雑な現場でも即座にシナリオに没入になりましたよ。

-チョン・ドヨン氏が先にキャスティングされてハ・ジョンウ氏が続けてキャスティングされました。

チョン・ドヨン喜寿逆にキャスティングされてビョンウンは誰が良いだろうか考えたがハ・ジョンウ氏が一番最初に浮び上がりました。 昨年釜山(プサン)国際映画祭で会った時や,少しずつ瞬時見ればとても少しの間見るかけたのに(も)政友の魅力がとても大きく感じられますよ。 ビョンウン役が大変重要で大きい魅力が必要なキャラクターと考えましたよ。 それでハ・ジョンウ氏がするのを切実に望みましたよ。

-ドラマ<プラハの恋人>時主演と助演であったのにもう一緒に主演だと考えると負担感はなかったですか?

チョン・ドヨン負担感感じる政友だったら魅力度なかったでしょう。

ハ・ジョンウ私はそのままひたすら良かったです。 負担感はなかったが新しい確約はすることになりましたよ。 <追撃者>私<ビスのふりポイズ>は現場が若かったし,ユン・ジョンビン監督同じ場合親しくて,現場でとても気楽でした。 <素敵な一日>は大先輩の陶然姉もおられてイ・ユンギ監督様も年齢の差が多くて,現場スタッフ平均年齢が高かったです。 今回の私の目標はビョンウンのように‘クッション’が良い人になることでした。 ビョンウンのようにクッション良く現場で本当に新人のようにしよう,<プラハの恋人>時陶然姉を仰ぎ見て延期(演技)したその心そのまましなければならないと考えました。 詳細なこと皆みな全部初めから開始をしてみようという決心をしました。

チョン・ドヨン ジョンウが現場で本当にビョンウン化されているという話たくさんしました。

ハ・ジョンウ本当にたくさん騒ぎましたよ。 それが私の普段の姿という式であらわれるほど。 本来はそれよりは減ります。 ただ一つ,仕事をする時,他の人々に疲れたことを表わしたり‘私が今このようにしていて’と前に出すのは良くないと考えます。 そのまま楽しくて率直にするのが最も良いと考えます。

-事実映画を見る前にはさっさと絵が描かれなかった組合なのに,二人の間の演技呼吸はよく合いましたか?

チョン・ドヨン状況自体が久しぶりであるからぎこちなくならざるをえないのはありましたよ。 それでも撮影前に私がご飯も買ってして会ったおかげで大きな問題はなかったです。

ハ・ジョンウどんな現場でも,誰としようがクランクインの日ぎこちないことはみな持っているんです,何. どれくらいはやく自然に変化させてはやく適応するのかが重要だったものだが,<素敵な一日>現場はうまく解決しました。

チョン・ドヨン何時からかは分からないし初日はさくさく過ぎ去ったがますます政友でなくビョンウンが同じ感じが多く入りました。 それと共に私もますます喜寿のように本当に腹が立っていていらいらする状態になったりしましたよ。

-それと共に喜寿の魅力を感じたりもしたんですか?

チョン・ドヨン今回の作品は珍しいほど劇中人物と同じように感じながら映画を撮りました。 初めに喜寿はただビョンウンに対していらいらしていて鋭くて神経が過敏な感じであったのに順に撮影をしたからなのか時間が経つほどますます喜寿自身が見えて感じられました。 それと共に映画に喜寿の魅力が見え始めます。

-普段作品選択基準と仕事をする時の原則があるの?

チョン・ドヨン シナリオ,約束.

ハ・ジョンウ シナリオ,正直だ。 私は理解できなければ理解できないと監督様に率直に話します。 最後まで食い込んで,私が理解をして移ります。 私が理解できなければチェ・ヨンギが不明になり,それは観客も理解させることはできないことだから。

-イ・ユンギ監督様は俳優らがあなたのコントロール向こう側にあると表現されたんですよ。

ハ・ジョンウ過剰称賛でしょう。 私はそのまま付いて行きました。

チョン・ドヨン驚いたのが,前作ら見ればなぜそうでしょう。 執拗に俳優の感情を引き出されそうで,性格も鋭敏でディテールして大いに心配しましたね。 ところでむしろ本当に俳優らに格別タッチをしなかったんですよ。

ハ・ジョンウ確かに受け取って下さって,よく解く監督様です。

チョン・ドヨン,ハ・ジョンウ氏と監督様とかなりよく合いました。 女優とよく合われると思うが私といればよく笑いもせず,現場にハ・ジョンウ氏だけいればとてもうれしがられるんです。 監督様が政友をかなりお好きだった。

-プリプロドクション時監督様とどんなものを合わせたんですか?

ハ・ジョンウ私はチョ・ビョンウンという人物に対して話をたくさん聞きました。 チョ・ビョンウンという名前は監督様実際の友人の方名前であったのにその方,亡くなったそうだよ。 エンディング クレジット見れば出てくるでしょう。 そしてチョ・ビョンウンのサブ テキストになる人物がいるのに監督様妹婿の方でした。 大企業正常に通っていたが事業をされるとある日突然みな打ち破って中国に行ったそうですね。 家でだまされるたくさん腐らせて,皆ののしって虐待をしたがその方が家族会だけくれば雰囲気が和気あいあいで,なければ探すことになる方といわれましたよ。

チョン・ドヨン私は監督様がストーリーラインのようにしていろいろくれたことを見ました。 喜寿がそのようなこともあるだろうしたいことはありましたよ。 ただただ一つ,すべてのことが解けない時は誰か捉えて引き下ろして慰安を得たい気がするでしょう。 私はそれが喜寿にビョンウンだと考えました。 私も自分自身がとても醜く見える時はそのようなうつ憤を晴らしたい心情になるから理解できましたよ。

-撮影はどうでしたか?

チョン・ドヨン撮影しながら,ドキュメンタリーを一つとってもとてもおもしろいように見えるほどでした。 俳優は常に決まった空間,決まった人々だけぶつかって生きるのに<素敵な一日>はソウルあちこちで多様な人々とぶつかって撮影したのではないですか。 どこへ行けば食べ物がおいしくて,どこへ行けば食べ物はまずいのに人々が親切だとかという式で独特の多様性を見たことのようです。

ハ・ジョンウの外に歩き回って“今日は何を食べるだろうか”といいながら町内美味しい店らも通ってみて,とても良かったんですよ。 出退勤撮影だと毎日早く家に入って寝るのに酒の席で‘シンデレラ’というニックネームを得ましたが。(笑い)

-ビョンウンと喜寿はどんな関係でしょうか?

チョン・ドヨン世の中には“私たちは恋人は”と関係を定義している関係もあるが曖昧な関係も多いでしょう。 ビョンウンと喜寿やはりその中一つであるでしょう。

喜寿が1年ぶりにビョンウンを訪ねてきてする言葉,“お金返して!”の真心は何だったでしょうか?

チョン・ドヨンそうだな,かなり多かったと思うんだって。 “電話番号なぜ変えた”場合もあってよ。

ハ・ジョンウ私が喜寿だったら“久しぶりだね。 ご飯は食べたか?”とビョンウンのように昨日会った人対するようにしそうです。

-が映画を撮って別れた人が気がかりだったですか?

チョン・ドヨンどのように暮らすのか気になる人は誰でもいるでしょう。 偶然にでもあって“マア,無事に過ごしましたか?”としたい….

ハ・ジョンウ私は二十才の時別れた彼女とまた会おうと6ヶ月の間あらゆるイベントからつまらないことをすべてしてみたことがありました。 結局帰ってくることはしたがその6ヶ月の間すべてのエネルギーを使ってしまって,本来帰ってきても…オ後…. 別れた人が切ないのがまさに片思いの幻想と似ていたことなのか?

チョン・ドヨンそのように男の子が無責任なの? 男はとにかく長くお待たせしてはいけません。 単純で子供ととても長くお待たせするとこのように疲れます。(笑い)

●ハ・ジョンウは今正に始まった

ハ・ジョンウは2006年までも‘新人俳優’という声を聞いた。 2002年に<マドレーヌ>の俊豪に,それ(彼)よりはるかに以前に演劇俳優で生きてきたのに拘わらない,ある無関心が呼んだアイロニーであった。 2005年に実名キム・ソンフンの代わりにもう少し俳優イメージ同じ‘ハ・ジョンウ’で名前を変えた。

そして今のハ・ジョンウは,自身をデビューさせたその有難い<マドレーヌ>パク・グァンチュン監督の2008年映画に’カメオで出演したことだけでも演芸ニュースになる俳優だ。

ハ・ジョンウインパクトは<許されることができない者>で,<プラハの恋人>で,<九尾狐家族>と<時間>と<息>と<2番目愛> <ヒット>を経て点層敵で大きくなっていった。

去年の冬封切った<私たちの生涯最高の瞬間>にカメオ出演したことは信号弾だった。 今年2月<追撃者>,4月<ビスティ・ポイズ>はツートップであってもハ・ジョンウの映画であった。

今のハ・ジョンウは新人俳優がどういう話,‘忠武路(チュンムロ)ブルーチップ’という声を聞く。 “<ヒット> <追撃者>でとても過分な点数を受けたようだ。 私が持っている能力以上で過分な点数かも知れない。 ウンが従ったことである事もあって,それで常に感謝した心だ。 今まで私が会った監督様は俳優を消費する監督様ではなかった。 俳優の中の人間を活性化させる監督様であったしそのおかげで私は私がとてもよく理解している状態で私が理解させることができる,したいのをみなやれることになった。”

今のハ・ジョンウは,したいのが多くならざるをえない過熱状態だ。 <追撃者>封切りを待つ時<ビスのふりポイズ>きて<素敵な一日>を素早く重なって,撮影したし,<素敵な一日>が開封される今は日本で<ボート>をクランクアップしてツマブキ サトシと友人になって帰ってきたし,8月30日にはサラダと運動のおかげで8キログラムが軽くなったスキージャンプ選手のからだを完成して<国家代表>をクランクインした。

“もちろん疲れて大変だ。 それでも今休みはしない。 エネルギーが沸き立っているためだ。”真っ赤に充血した目でエネルギーをもう少し排水させてしまってからせいぜい3~4ヶ月休んでみようとすると話しているこの俳優は,まだ始まっていくらならなかった。 他の人々がシャンパンを渡す時さえ全盛期を宣言しないでただこれから開始とだけする。

下情泣く演技をする理由で‘欠乏’を挙げたし(“私はたくさん欠乏した人だと考える。 常にそれを満たそうと努力して,キャラクターを作る時,私自身に欠乏したことを満たす。 そういうのをチョジリョでするのに,率直にはよく分からない。”-<ムービーウィーク> 314号インタビュー中),彼が最近くやしかったキャラクターは間違いがない共通分母で‘欠乏’を持っていた。

映画何便が過ぎ行く間にも,彼は相変らず‘率直にはよくモル’は状態だ。 “延期(煙,演技)をもう少ししてみてこそ分かるようだ。 人に理由なしで情が沸くように,欠乏という問題に対して理由なしで心がずっと行っている。 まだその停滞(正体)が何か整理して断定して話すには私が不足する。”彼はこれから満たされない欠乏も,満たしてなくすことになる欠乏も会って,単語で定義することになるだろう。

もちろんその過程に‘状況’でも‘立場’のような‘トップスターの問題’もできてしまう時期で,実際に了解と妥協が必要な状況も体験している。 映画現場に限定するならばひたすら人が良い俳優も,のように政治的な俳優でもない,ただとてもがんじょうな俳優のハ・ジョンウには意志や主義(注意)をケガする,戦闘のような仕事もできるだろう。

だがその程度に彼の‘開始’が静かに‘終わり’百合と考えられはしない。 ハ・ジョンウは,ただ1~2年延期(煙,演技)を人生で経験した分別がない新人俳優ではないから。 すでにかなり以前から彼はただ一つの価値を真っすぐに受験(凝視)してのそのそハ・ジョンウを作ってきたことであるだけであるから。 今になって突然少し続けて走ることになったとたやすく変わる俳優ではないから。 どこへ行くかを言語化することができなかったといって,何のままにも行ってしまう人はより一層違うから。

[PR]
by woo2007 | 2008-09-09 21:54 | 하정우ハ・ジョンウ情報