追撃者・ビースティボーイズ・素敵な一日 ハ・ジョンウサイト


by woo2007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

「boat」映画の邦題「ノーボーイズ、ノークライ」に決定か!?

タイトルが「ノーボーイズ、ノークライ」になってますね。
☆手応えあり 妻夫木聡がハ・ジョンウと韓国語で共演(ズームインSUPER)
俳優の妻夫木聡(27)が日韓合作映画「ノー ボーイズ、ノー クライ」(09年公開予定)で韓国若手俳優のハ・ジョンウ(30)と共演することが、分かった◆麻薬密輸という闇(やみ)の仕事でつながった2人の友情と成長を描いた物語で、注目はほとんどのセリフが韓国語である点。クランクイン1カ月前から猛勉強を開始した妻夫木だったが、今や細かな感情表現ができるほどまでになった◆撮影地の新潟で取材に応じた妻夫木は「これは面白くなる」と確かな手ごたえを口に。ジョンウとの仲も撮影を重ねるにつれて深くなっており、「いつか彼の家に遊びに行きたい。そのためにもっと韓国語を勉強したい」と完全習得へさらにモチベーションを上げていた。(7月24日 5時10分 更新)

妻夫木聡が初日韓合作映画で韓国語に挑戦
hahaha・・・そのうち「笑って いいとも」にも出演なるか(笑)
俳優妻夫木聡(27)が日韓合作映画「ノーボーイズ,ノークライ」(キム・ヨンナム監督、来年公開)に出演し、韓国語に挑戦している。このほど、撮影が行われている新潟市で取材に応じた。これまで米映画にワンシーン出演したことはあるが、海外資本が入った作品に本格的に出演するのは初めて。ヒット作に出演し続けてきた妻夫木が「日々成長している自分を感じている」と自信を見せた。

 初めての日韓合作作品へのプレッシャーはなかった。妻夫木は「すべてが新鮮なことなので、直感的に、おもしろくなる、新しいものが生まれると思っていました」とオファーを受けた時のことを振り返る。

 問題は韓国語だった。裏社会に生きる日本と韓国の青年2人の友情を描いた物語で、妻夫木のせりふは3分の2は韓国語だ。撮影1カ月前から特訓を開始した。当初は週1ペースでのレッスンを考えていたが、単語の意味や相手のセリフも覚えなければいけないため、仕事をセーブして取り組んだ。監督や共演の韓国俳優ハ・ジョンウ(30)にも「発音がすばらしい」と言われるまでになった。

 2人の関係も、作品同様に日々深まっている。妻夫木はジョンウを、韓国語で男性の年長者に付ける、兄さんという意味の「ヒョン」を付けて「ジョンヒョン」と呼んでいる。何度も酒を飲み、本音の会話をしたという。韓国語と日本語を教え合うこともある。どんな言葉を教わったのか聞くと、2人で耳打ちして笑い合った。ジョンウが「明日ですか? いいとも!」と日本語で言うと、妻夫木は「こんなことばっか教えてるんですよ」と笑った。

 相乗効果で作品の撮影は順調に進んでいる。妻夫木は「遠足の日を待つようなワクワク感がありました。今は終わってほしくない気持ちです。早くお客さんの立場で見たいです。韓国にも行きたい」と語った。

 韓国映画では「殺人の追憶」「オールド・ボーイ」などが好きだと言った。大ヒット作と呼ばれる作品の名前を挙げられると「うーん、あんまり好きじゃないなあ。やっぱり、一瞬じゃなくて、たくさんの人の心に残る作品がいい。『ノーボーイズ-』もそうなると思います」。8月上旬に撮了する。

シネマトゥディより
f0152284_11521968.jpg

妻夫木、韓国語で主演…日韓合作映画「ノーボーイズ、ノークライ」
俳優・妻夫木聡(27)が、日韓合作映画「ノーボーイズ、ノークライ」(キム・ヨンナム監督、来年公開)の主演を務めることが23日、分かった。国境を超え、麻薬密輸という闇の世界で芽生えた友情を描く作品。全編にわたって韓国語での演技に挑んでいる妻夫木は、新潟市内のロケ現場で「すべてが新鮮。これは面白くなるな、と感じています。お客さんの立場として早く見たい作品です」と思いを語った。

 撮影現場の片隅で、妻夫木は共演のハ・ジョンウと韓国語で談笑していた。「汚い言葉も覚えちゃいましたよ。え? 教えません! 教えても、きっと書けないですよ」。言葉の壁を乗り越えた充実感を笑顔で表現した。

 本作への出演を決意した瞬間から、覚悟を決めて韓国語の習得に励んだ。6月28日のクランクインの1か月前から特訓を開始。「とにかく時間がなかった」。毎日、通訳から2~3時間のレッスンを受けた後、自宅で復習と予習を繰り返す日々。「最初は韓国語のセリフを全部カタカナにして発音する練習をやってましたけど、それじゃ単語ひとつひとつの意味を伝えられないことに気付いた」。時間がない中であえて遠回りして、物語を完全に把握するために共演者のセリフもすべて覚えた。

 「今では台本に書かれていない、考えてもいなかった感情も出るようになりました」。まだ聞き取りは課題だが、発音は完ぺき。日常会話でコミュニケーションを取るレベルにまでなった。

 組織、家族との間で揺れる日本人と韓国人の友情を描く作品。妻夫木は家族を養うために恋人も夢も捨てて麻薬密輸に手を染めながら、新しい希望を探す青年「亨」役を務める。独立系映画から上り詰めたキム・ヨンナム監督がメガホンを執り、脚本は、妻夫木の出世作「ジョゼと虎と魚たち」(03年)の渡辺あや氏が担当している。

 韓国人スタッフと生み出す世界観。未知の領域で戦っている妻夫木は、8月4日にクランクアップを迎える。「遠足の日みたいに『早く来ないかな』と思っていた撮影。今は終わってほしくない」。終了後、すぐに同じ新潟で来年のNHK大河ドラマ「天地人」の撮影に入る。
(2008年7月24日06時03分 スポーツ報知)

クランクアップは8月4日(ジョンウは?)
[PR]
by woo2007 | 2008-07-24 10:01 | 보 트   [ ボート ]