追撃者・ビースティボーイズ・素敵な一日 ハ・ジョンウサイト


by woo2007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ハ・ジョンウ「目標は100本の映画に出演すること」

純粋なコメディー映画に挑戦するという・・・「ボート」って そうなのぉ~?

ハ・ジョンウ「目標は100本の映画に出演すること」
f0152284_1636111.jpg

「子どものころから『俳優は100本の映画に出演できるのか』と考えていたけれど、ある瞬間からそれが僕の目標になってしまった」

 ハ・ジョンウの目標は『2度目の恋』でハリウッド女優のヴェラ・ファミーガに会ってから具体化した。「韓国の俳優たちは多い人でも年間2‐3作程度だけれど、ヴェラ・ファミーガは7本の作品に出演していたんです。徹底した準備をするハリウッドならではのシステムのために可能だったのでしょう」

多作が目標のハ・ジョンウだが、だからといって決して安易に作品を選んでいるわけではない。また、同じようなイメージのキャラクターを演じたこともない。「俳優は作品によって動かなければならないと思います。作品の流れに従うべきです

ハ・ジョンウの「作品本位」の精神は、自然と「演技の変身」につながった。だから多作ではあるが、「典型的な演技」というものが存在しない。ただ作品の中のキャラクターが存在するだけだ。『追撃者』の残忍な殺人鬼チ・ヨンミンと『ビースティー・ボーイズ』のチンピラホストのジェヨンを比べると、ハ・ジョンウの演技に対する姿勢がよく分かる。ハ・ジョンウは自分の服ではなく、作品の服を着るのだ
 だからハ・ジョンウは、いくつもの色を表現できる多様性を尊重する。「色々な監督や俳優がいるのに、どんどん社会が厳しくなっているせいか、以前のように多様性を認める余裕がなくなってしまったようです」

 商業映画とはかけ離れた『ビースティー・ボーイズ』は、テンポの速い展開が見せ所の映画とは違い、ゆっくりした流れの中でリアリティーを追及した作品だ。「観客にとっては見慣れないタイプの作品でしょう。でもこの作品によって、観客の視野が広くなると思います」

 ハ・ジョンウも演技の幅をさらに広げていきたいと思っている。『ビースティー・ボーイズ』に続き、今年下半期に公開される予定の『素敵な一日』まで、商業性とは直接結びつかない作品ばかりに出演してきたハ・ジョンウが、今度は純粋なコメディー映画に挑戦する計画だ。

 またもやイメージチェンジを図るハ・ジョンウの挑戦。コメディー映画に似合うようなキャラクター作りとともに、ハ・ジョンウならではの色をどのように出すのかが期待される。
[PR]
by woo2007 | 2008-05-19 16:36 | 하정우ハ・ジョンウ情報