追撃者・ビースティボーイズ・素敵な一日 ハ・ジョンウサイト


by woo2007
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[インタビュー]ハ・ジョンウ,“ドラマするならば史劇したい!”

史劇・・・出演してください~ひげの顔が 絶対 似合うと思います!
そして 自身の容貌について「迷惑をかけない程度」という表現・・・彼らしい(笑)

인터뷰] 하정우, “드라마 한다면 사극 하고 싶다!”
f0152284_1447424.jpg

[OSEN=イ・ジョンア記者]ここに大規模な耳目口鼻に落ち着いている体格,すらりとした背丈を持った,ボーイフレンドしたらちょうど良いほどの魅力を皆そろえている男がいる。 彼は見るだけでも感心が自ずと出てくる女に劣らないように美しい‘美男’でもなくて誰でも認める‘彫刻ハンサム’ではないが男らしい魅力が充満するそれこそ‘魅力的な’男だ。 まさに俳優ハ・ジョンウ(30)だ。

この頃 ハ・ジョンウの人気がすごい。 ドラマ‘プラハの恋人’,‘ヒット’,映画‘許されることができない者’,‘九尾狐家族’,‘二番目愛’,‘息’,‘時間’等で人々の世間の注目を集めた彼は映画‘追撃者’で一気に興行俳優隊列にのぼったし新しい映画‘ビスティポイズ’に多くの映画ファンたちの関心を傾けるようにさせている。

選択する映画も興行とは距離が遠く見える作品から商業性濃厚な映画まで多様だ。 作品を選択する基準から質問に返事をする距離感まで自身をもう一度考えてみるようにするハ・ジョンウはこれから見せる世界にさらに期待を持つようにした。

# ‘ビスティポイズ’ジェヒョンと実際のハ・ジョンウの間!

初めて挨拶を交わす瞬間から笑いが出てきた。 映画‘ビスティポイズ’のふてぶてしい限りないジェヒョンと語り口とジェスチャーまでとても似ていたためだ。 手まねを混ぜながらふてぶてしく話しかける姿が零落ないジェヒョンだ。 映画の中で女など打つこと平然とする姿は実際とは違うだろうがジェヒョンの行動や語り口のようなものは自身の姿で借用した部分が多い。 親しい人々とは冗談もたくさんしていたずらもたくさん打ってそうするのにそのような部分をジェヒョンを演技する時,たくさん活用した。

‘追撃者’の時も殺人者チ・ヨンミンで女性ファンたちに背筋が寒くなることを抱かせたことがあるハ・ジョンウは今回は殺人だけしないだけでチ・ヨンミンに劣らないように女性らには苛酷な人物でくやしかった。 ひょっとしてこのようなイメージに固まるのではないだろうか心配はならないかとの質問に‘追撃者’時も可愛く見たようで今回ももう一度期待をかけてもらうことをお願いするとし‘ジェヒョン’という人物も多く愛してくれることを頼んだ。

#ドラマするならば史劇してみたい!

ドラマ出演しながら映画でさらに多い活躍をしたハ・ジョンウが大衆に大股で近寄ることができた作品がある。 まさに2007年放送されたMBCドラマ‘ヒット’だ。 このドラマで隙間多く見える検事キム・ジェユンで出演して‘ワンソギムゴム’と呼ばれながら,視聴者たちの多くの愛を受けたハ・ジョンウはこれからドラマに出演する計画もあるといった。

良いドラマがあるならば来年にもドラマに出演したい。 どうせなら‘大長今(テジャングム)’,‘世宗大王(セジョンデワン)’のような史劇をしてみたらと思うとはもしかしたら結婚して一人前の大人になって韓国民族衣装を着たハ・ジョンウを見られるかも知れない。

#キャラクターで染み出てくる人間の香り!

ハ・ジョンウを見ればまったく次にはどんな傾向の作品でどんなキャラクターを演技するのか捉えることはできない。 彼が作品を選択する基準は何だろうか。 彼はシナリオを受けてみて“話になるか”を考えてみる。 自身が独特のキャラクターを選択するとは思わないでシナリオを受けた時,その中のキャラクターらが人間の香りを持っているのか,立体的なキャラクターならば,二重性,多様性そんなことらが十分に‘人のように’出てくるのか,監督が何を話しようとするのか,監督が話をどのようにしていくかを考える。

そのように考えて選択した‘ビスティポイズ’は非常に満足な作品だ。 ‘許されることができない者’で縁を結んだ後必ずまた会うことにしたユン・ジョンビン監督と呼吸を合わせながら,撮影した今回の映画は出そうな新鮮さがよくくっついて出たようで良い。 観客らに出す時恥ずかしくないとし,この映画が好きになり得る人々も十分にあると思うといった。

#容貌? 迷惑及ぼさないほどつりあうように!

ハ・ジョンウを話する時‘容貌’を取り上げ論じる人々も多い。 ある人たちは俳優をするのに十分にハンサムでなかったと話している人たちはどんなキャラクターもみな消化できる程魅力的にできたという。

ハ・ジョンウは美の基準ということはみな各自の好みとし特別に容貌に対する言葉はないような印象を与えた。 それでもあえて自身の容貌に対する考えを尋ねるとすぐに“つりあうように,迷惑及ぼさないほど!”と話した。 彼の話のままに‘迷惑及ぼさないほど適当にできた容貌’が事実彼の魅力ポイントでもある。

#私は今日も走る!

ハ・ジョンウは‘追撃者’チームらとプーケットで旅行してきたとし,黒く焼けた皮膚を見せた。 そのためにさらに丈夫に見えるハ・ジョンウはジョギングで体力管理をする。 漢江(ハンガン)沿いをほとんど毎日1時間ずつ走る。 ‘追撃者’での逃亡信徒ただで出てきたことではなかった。 運動を欠かせば‘運動禁断症状’を感じたりもするというハ・ジョンウは家でも運動をすることとしインタビューが終わればランニング マシンを買いに行くつもりだといった。

#芸能人ハ・ジョンウのほか!

‘ビスティポイズ’を撮影しながら,ホストバージェヒョンで生きたハ・ジョンウは夜の世界が思ったより独特でなかったといった。 だが夜の世界で仕事をする彼らの生活を理解することになった部分はある。 昼夜が変わって,生活しながら,変に変わる点があったということだ。 その中の一つが非常に即興的になる部分ができたのだ。 酒を飲んで酔っぱらった状態で寝ついてその状態から覚めて,生活していきなり飛び出した考えがあればそれをまさにしなければならなくてそのような即興的な面ができた。 酒を飲まなかった状態で一番精神に寝つけば寝つく前まであれこれ考えて計画を組んだりもするのと比較してみれば非常に違う点だ。 こういう違う点を感じて見たら映画の中で各シーンごとにスンウ(ユン・ゲサン)とジェヒョンの感情が極大化されて緊急にダウンするのも理解が出来た。

このようにハ・ジョンウはキャラクターとともに息をしてまた他の人になる準備をしていた。 世の中の人々に知られる前,学校で演技をする時も自身を習えと考えて自負心を持ったというハ・ジョンウ. “演技をする時,芸能人ハ・ジョンウの姿でなく信頼を与えて説得力を与えることができる信頼できる俳優だったら良いだろう”という彼の話のように彼が観客らの信頼を守って行く過程を興味深く見守りたい。
[PR]
by woo2007 | 2008-05-18 14:56 | 하정우ハ・ジョンウ情報